八重瀬町 障がい者 「笑いヨガ教室」第2回目

 講師の仕事を喜んで引き受けたものの、後で困った出来事がおこった。仕事が2時間なのである。

 

 「笑いヨガを2時間も!?どうやって過ごせばいいのだろう?」

普通のヨガでも2時間だと、参加者も先生もくたくたになってしまいそうである。

それが障がいをお持ちの方々が対象なのだ。

 

 でも2時間も体操する講座ってあるのかな?と思いながら、ともかく受けてしまった仕事なので頑張ることにした。

 

今回で2回目の講座。

 

 1回目は椅子の方がベターなのか、それともあちこち動き回らせた方がベターなのか?私自身が判断がつきにくかった。

 

 リラクゼーションも、横になった方がいいのか?椅子の方がいいのか?迷ってしまった。

 

 今日の結果は?

最後に皆さんに今日の感想をシェアしてもらうのだが、利用者さんの感想が私の思いと一致した。

 

 「2時間は長いなー。と前回思いました。今回も2時間やるのか。やっぱり長いなーと思っていましたが、終わってみるとあっという間の2時間でした。」

 

 そうなのです。2時間があっという間だったのです。

それは・・・楽しかったから・・・

 

 笑いヨガだけでなく、合間に「認知症予防ゲーム3A」のリズム遊びを取り入れたのです。

初めてにもかかわらず、皆さんリズム感もよくて歌も上手で・・・ばっちりでした

 

 そして後半はストレッチを兼ねた笑いヨガ。

 

 「こんなに笑えるなんて・・・。」と皆さんとっても若々しい表情でお帰りになりました。次回が楽しみ、楽しみ。 

 

アクセス数

[PR]

やえせ笑いヨガサークル

なんじぃラフターヨガクラブ

  宮古島のサークル

ラフターヨガジャパン

ラフターヨガジャパン

笑いヨガ インターナショナル

ホームページ作成