国際認定笑いヨガティチャー・国際認定笑いヨガアンバサダー

濱元洋子の活動を紹介しています。

 

濱元洋子について

 宮古島市出身。20年にわたり島尻地区で小学校・中学校・高校・特別支援学校の臨時教員を務める。

 

 2012年に家族の病気、自分自身の怪我をきっかけに「笑いヨガ」に出会う。

 

 2014年4月にインドに渡り、「笑いヨガ」の創始者マダン・カタリア博士の研修を受け「国際認定笑いヨガティチャー」の資格を取得。現在「笑いヨガ」を学校・病院・高齢者施設・地域に広めるべく、講座の開催やテレビ・ラジオ・新聞などで普及活動を行っている。

 

 2016年4月に世界一周旅行に出かけ、23か国で「笑いヨガ」の幟をもって笑ってきた。

 

 2017年度から、JICAで研修生や、地域の方を対象に、県内の笑いヨガティチャー達とボランティア活動として、発展途上国に笑いヨガを紹介している。(2018年現在、約40か国に紹介できた)

 

 2018年から、笑いに筋トレ・口腔体操を取り入れ、楽しく筋力アップの向上を図り、自分の、皆の健康寿命をのばしていけるように、国内・県内に普及活動を行っている。


八重瀬町中央公民館「あぱらぎラフターヨガ倶楽部」

毎週水曜日 八重瀬町中央公民館 午前10時~11時15分 1階和室

持ち物 飲み物  タオル 笑いたい気持ち 300円

※参加費300円は、八重瀬町の福祉関係に寄付させていただきます。

予約は必要ありません。

直接会場に5分前にいらしてください。

アクセス数

[PR]

やえせ笑いヨガサークル

なんじぃラフターヨガクラブ

  宮古島のサークル

ラフターヨガジャパン

ラフターヨガジャパン

笑いヨガ インターナショナル

ホームページ作成