宮古島5日目

 実家から車で3分。大浦の入り口あたりにディケア「かぜの詩」がある。

去年の10月にオープンしたそうだ。いつも実家に帰るたびに「ここで笑えたらいいなぁ」と思っていたので念願が叶ってとっても嬉しい。

 スタッフさんから思いがけないことを聞いた。ある利用者さんの今年の夢?願い?は「今年中に死ぬこと」だそうだ。家族に迷惑をかけっぱなしだから死にたいのだそうだ。でもこれが夢?悲しくなってくる。いずれ誰もが死ぬのだけれど、私の夢は笑って死ぬこと。でもこの夢はきっと実現できる。毎日笑っていたら、そのときが来てもきっと笑って過ごした日だから・・・。

 今日笑いヨガをしたら、ほとんどの方が笑ってくださいました。まだ2回目。大丈夫。毎日笑いヨガをやっていたら、心も元気になるよ。今まで一生懸命生きてきたんだから、残りの日々は笑って過ごしてね。

 宮古島で笑いヨガの研修を受けた皆さん。宮古の高齢者に笑いの日々を過ごさせてくださいね。よろしくお願いしまーす。

 ちなみに「かぜの詩」さんのモットーは「一日一笑」だそうです。Tシャツの背中に、この文字をしょって毎日仕事に励んでいます。素晴らしい! 

沖縄県婦人の主張大会

アクセス数

[PR]

やえせ笑いヨガサークル

なんじぃラフターヨガクラブ

  宮古島のサークル

ラフターヨガジャパン

ラフターヨガジャパン

笑いヨガ インターナショナル

ホームページ作成