「きくさんの沖縄戦」絵本の読み聞かせ

明日6月23日は沖縄の終戦記念日、慰霊の日
ということで、沖縄出身のよーちゃんが、zoomで
毎週水曜日に開催している「よーちゃんとりえちゃんの皆で楽しくウフフ・アハハ」を「きくさんの沖縄戦」という絵本の読み聞かせにしました。
吉永小百合主演の「ああ、ひめゆりの塔」でひめゆり学徒隊は有名なのですが、同じように女学生「白梅学徒隊」が私の住んでいる八重瀬町でも負傷した兵隊さんのお世話をしていたのです。
生き延びた中山きくさんは、辛くて沖縄戦の事を語ることができない時期がありました。
でも、慰霊の日、亡くなった友達に手を合わせているとき
「きくちゃん、私達のことを、みんなに伝えてね」
「きくちゃん、戦争の恐ろしさや苦しさもね」
「そうよ、きくちゃん、戦争で死ぬのは、私達でおしまいにしてね」そんな声が、きくさんの心に届いたそうです。
絵本の読み聞かせが終わって、手の歌を1番だけ皆で歌いました
戦争時代、乙女たちは敵を殺すために、木刀、なぎなた、竹槍の訓練を受けました。その手は、自分を守るため、そして敵を殺すための手でした。
君のその手はなんのための手?
君のその手はものをつかむ手
幸せをつかむ手、未来をつかむ手
君のその手は皆とつなぐ手!
世界に早く平和が訪れますよう願っています。
読み聞かせに参加してくださった皆さん、どうもありがとうございました。

沖縄県婦人の主張大会

しおつかの部屋 2020年9月23日

アクセス数

[PR]

やえせ笑いヨガサークル

なんじぃラフターヨガクラブ

  宮古島のサークル

ラフターヨガジャパン

ラフターヨガジャパン

笑いヨガ インターナショナル

ホームページ作成